English French Spanish German Italian Japanese

飢えとの戦い

 

大多数のインド人の日収は80ルピー(約160円)未満であり、米1キロの値段は20~80ルピーです。インドの人口の50パーセント近くの人が栄養失調に苦しんでいるのも不思議ではありません。飢えとの戦いに終わりは見えません。今日、私たちはかつてないほど多くの食物を生産しているのに、地球上で10人に1人以上の人々が飢えに苦しんでいます。

 

Play
Prev
Next

In India alone, a child dies of malnutrition every 30 seconds.

At present, ETW feeds more than 2 million people each year throughout India.

In North America, ETW volunteers in 40 cities prepare and serve 73,000 meals a year for the homeless and hungry.

In the first six months after the 2004 Indian Ocean Tsunami, ETW provided more than six million free meals to disaster victims.

At ETW’s center in Mumbai, homeless street children receive a wholesome lunch every day.

When the majority of India’s people earn less than Rs. 80 ($1.66) a day, and the price of a kilo of rice ranges between Rs. 20 and Rs. 80, it is no wonder that nearly 50 percent of India’s population suffer from malnourishment.

In total, as part of its aid package for the 2004 Indian Ocean Tsunami, ETW served more than 7.5 million meals throughout Tamil Nadu and Kerala.

AIDS orphans and other disadvantaged children in Kenya receive a meal from ETW volunteers.

After the tsunami, ETW distributed more than 185 tons of uncooked rice to help the victims make ends meet.

ETW volunteers regularly distribute staple foods to impoverished communities throughout India. Some of the served regions are so remote as to be accessible only on foot.

 

 

しかしこの戦いに勝利することができます。国連開発計画は、飢餓撲滅のための年間コストを、世界中の政府や組織によってすでに消費されている額に130億ドル追加すれば足りると見積もっています。 現在、ETWは、インド全土で毎年200万以上の人に食物を供給しています。ETWはまた、米、牛乳、その他の必需食料品を最貧の地域に配っています。 2004年のインド洋津波の後、最初の半年で、ETWは、被災者に600万食以上を無料で供給し、さらに185トン以上の米を被災者の生計のために配りました。

米国では、アメリカ人の8人に1人(350万人以上)が、資金や手段が限られているために安定的、持続的に食物を手に入れることができず、25~75歳のアメリカ人の約60パーセントが、少なくとも1年間にわたり貧困ライン以下に落ち込んでいます。ETWは、可能な限りいつどこでも影響を与えることに尽力しています。現在、北米40都市のETWボランティアが、ホームレスと飢えた人々に年間73000食を調理、給仕しています。

back to top