English French Spanish German Italian Japanese

グジャラート災害

 

Play
Prev
Next

In January 2001, Gujarat suffered a devastating earthquake. 20,000 people were killed.

ETW dispatched a disaster-relief team of 15 doctors, two ambulances and 100 student volunteers from Amrita University.

ETW volunteers adopted three of the worst-affected villages, rebuilding 1,200 homes, as well as medical clinics, water tanks, schools, community halls, temples and mosques. Roads, electricity, and sewage systems were also provided.

The villagers were so grateful to Amma, they renamed their villages after her. In the wake of the 2004 Indian Ocean Tsunami, many of them made the trip down to Kerala to help in the relief efforts in and around ETW’s headquarters.

 

 

2001年1月に、グジャラート州で2万人が亡くなった大地震がありました。ETWは、アムリタ大学から、15人の医師、2台の救急車と100人の学生ボランティアからなる災害救助チームを送りました。災害直後に、医療援助、緊急避難所、食物と衣類が、何千もの被災者に提供されました。医療支援は6カ月以上にわたって提供され、またETWの医師たちは100以上の外科手術を行いました。

その後まもなく、ETWのボランティアたちは村のリーダーに会って、地震の震源地近くに建っていた3つの村の復旧活動にあたることにしました。最終的に、家1200世帯、医療クリニック、貯水槽、学校、コミュニティホール、寺院とモスクを再建することになり、また道、電気、下水道システムの整備も行いました。

2006年8月にあった、グジャラート州スーラト市の大洪水では、300人が亡くなりました。ETWは、医療チームを派遣して3000人以上の被災者の世話をし、3万1500ドル相当の薬を配給しました。

back to top