English French Spanish German Italian Japanese

ビハール洪水

 

Play
Prev
Next

On August 18th 2008, the Kosi River broke through a man-made embankment in Nepal.

The flooding was massive and engulfed half the neighboring state of Bihar in India. One million were rendered homeless.

According to the World Health Organization, 3.3 million people in 1,850 villages were affected.

In the worst affected regions, only treetops were visible above the waterline.

On September 10th 2008, ETW pledged $465,000 US towards relief.

ETW dispatched its Mobile Telemedicine Unit, which includes X-ray facility, ECG scanner, pathology-lab-work facility, specialty cardiac services and a telemedicine satellite link with ETW’s tertiary care hospital.

ETW’s medical team remained in Bihar for more than two months, treating 50,000 people through 100 medical camps.

$70,000 USD in medicine was provided.

ETW’s teams teams of specialists and paramedics treated more than 500 patients daily.

ETW volunteers established the first base camp in the district of Purnia, where three temporary shelters for the homeless were quickly constructed in Bhawanipur. A second camp with four shelters was established in Laharniya, Supaul District.

Thousands of tents, blankets and tarpaulins were distributed along with cooking stoves and vessels, food, clothing, and educational materials.

Thousands of tents, blankets and tarpaulins were distributed along with cooking stoves and vessels, food, clothing, and educational materials.

Thousands of tents, blankets and tarpaulins were distributed along with cooking stoves and vessels, food, clothing, and educational materials.

1,500 displaced flood victims were housed in temporary homes, equipped with kitchens, toilets, and clean drinking water.

The floods devastated Bihar’s crops, and drinking water was scarce. ETW’s volunteers provided much needed food and water for flood victims.

In ETW’s relief camps, temporary classes were arranged for children aged three to six, and a separate section for those aged seven to 15. School supplies such as notebooks and pencils, were distributed to the children.

ETW volunteers remained in some of the worst-affected areas until the victims’ lives regained a sense of normalcy.

 

 

2008年8月18日に起こったコシ川の氾濫は、ネパールで堤防を破壊し、洪水は隣接するインドのビハール州の半分を大きくのみ込む惨事となりました。この災害で100万人が家を失いました。首相は、ビハール州は国家的惨禍の状態だと宣言しました。世界保健機関(WHO)によると、1850の村の330万人の人々が被害にあい、100万人が家を失ったということです。作物は壊滅的な状態で、飲料水もありませんでした。最悪の被害を受けた地方では、木の梢の部分だけが川面から出ている状態でした。

2008年9月10日に、ETWは46万5000ドルの救済金を支給すると誓約しました。エイムズ総合病院は専門家と救護隊員のチームを送り、毎日500人以上の患者を治療しました。

2台の最新式の救急車が、コチから被災地まで鉄道で総距離約2500キロを運ばれました。そのうちの1台はエイムズ総合病院の移動式遠隔医療ユニットで、X線機能、ECGスキャナー、病理学検査機器、専門心臓サービスを搭載し、遠隔医療衛星でエイムズ総合病院と繋がっていました。これはケーララ州とタミルナドゥ州で、ETWの津波救済活動で最初に使われたものです。

医療チームは2カ月以上にわたってビハール州の被災地に留まり、100カ所ある医療キャンプ・センターを巡回して5万人を看護し、7万ドル相当の薬も提供しました。何千ものテント、毛布、防水シートが、料理用コンロと船、食物、衣類、教材に加えて配布されました。仮設病院がスパウルに建てられました。

ETWボランティアはプルニア地区に最初のベースキャンプを設営し、そこで、家を失った人々ための一時的な避難所がバワニプールに3カ所、迅速に設けられました。4つの避難所が設けられた第2のキャンプは、ラハルニア(スパウル地区)に設営されました。あるとき建設物資が遅滞しましたが、ETWのボランティアは、近くの竹林に行き、自分たちで竹竿を切り、荷台に積んで運びました。彼らの献身的な活動を目撃したジャーナリストは、翌朝の新聞の記事にこのことを書きました。「彼らは、与えられた便宜に頼るだけではありません。強い意志の力をもって使命を果たしています」と。プルニアの避難所は、2008年9月16日に完成、そして2008年10月11日にはスパウルにも完成しました。住む所を失った合計1500人の洪水の犠牲者は、台所、トイレ、清潔な飲料水が完備された仮設住宅に移住しました。ETWの救済センターには、 3~6歳の子供たちのためと7~15歳の子供たちのために別々の仮設教室が設けられました。ノートや鉛筆などの学用品が子供たちに配布されました。

ビハール州の労働大臣アヴデッシュ・ナライン・シン氏は、ETWに対する感謝の気持ちを以下のように表明しました。

「ETWの方々は、洪水被災者のために、日夜働いています。実際、彼らは夜、睡眠をとっているのかどうかさえわかりません!この非常時に我々の訴えを受け入れ、我々を助けようと駆けつけてくださることに、心から感謝します」。

災害から3カ月後、政府は第2段階目の救助とリハビリ活動を引き継ぎました。大部分の場所で海水は引き、大多数の人々は村に戻り、現在は生活を立て直すために懸命に努力しています。

back to top