English French Spanish German Italian Japanese

名称について

アンマは1987年から、インドを拠点とするマーター・アムリターナンダマイー・マート(MAマート)や、アメリカ合衆国を拠点とするMAセンターを含む、慈善活動の非営利組織を世界中のあらゆる国で設立しました。MAマートは国連社会経済社会理事会の特別諮問資格を有し、貧しい人たちへの無償住宅建設と、2004年のインド洋津波被災者への救援を提供した先導的なNGOとしてよく知られています。アメリカ合衆国では、MAセンターはハリケーン・カトリーナ救済の先導的な貢献と、アメリカ国内の40都市での炊き出しによって毎年7万3千食をアメリカで飢える人たちに提供しています。ヨーロッパでは、MAセンター・ドイツが国際的な若者の奉仕活動に着手するために、欧州委員会と協力して働いています。

世界中のアンマのボランティアたちは、今まで、国際的な水準で設立された独自の名前を持つ、個々の非営利団体を通して奉仕活動を実施していました。しかし、これが時に、わたしたちが実際に行なっている国際的に広がる活動として、充分に世界中の人々に従事することを難しくさせる場合がありました。そこで、わたしたちはよりアクセスしやすくて普遍的なアイデンティテーが、アンマの世界的な規模の慈善活動をすべて包括するものとして必要だと感じたのです。そして、今までの国際的な非営利団体はそのままの状態で存続するために、オリジナルの名前は以前と同様に継続させて、アンマの世界的規模の慈善活動が今ではエンブレイシング・ザ・ワールド(ETW)として一括して知られるようになったのです。

「エンブレイシング・ザ・ワールド(ETW)」(世界を抱きしめるの意)というわたしたちの新しい名前は、アンマのユニークなミッションを直ちに思い起こさせます。アンマの抱擁と彼女の慈善活動のプロジェクトは分けることはできません。わたしたちがこの新しい名前を選んだのは「母の抱擁」が最も明解な行為であり、ETWが包括する国際的な慈善活動の共同体を先導してきたと確信するからです。この類稀な無私の愛の行為は39年間に渡って毎日繰り返されて、日々さらに強く成長する運動の触発と象徴の双方となったのです。

back to top